タイトル画像
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年04月21日 (木) | 編集 |
今日帰るときにふと一人の女子高生が目に入ったんですよ。壁に背を任せて誰かを、

そう、まるで彼を待っているかのような可憐な女子高生が。それ見てて思わず胸に

あまじょっぱいものがこみ上げてきましたね。もうそんな経験できないかと思うと

涙すら流しそうになりました。

僕「ごめんごめん!お待たせ!」

女子高生「ううん。だりーん君を待ってるんだから平気だよ。」

僕「女子高生…。」

どこのラノベだよ。こんなあまじょっぱい体験がしたいなぁ。まぁ今女子高生に話しかけよう

もんなら即通報ものですがね。ハハハ。はぁ…。
[続きへGO!]
スポンサーサイト
© Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All rights reserved.
© 2010 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。