タイトル画像
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年02月03日 (木) | 編集 |
今日はとてもいい天気で、思わず昼寝をしたくなっただりーんです。こんばんは。

ホント天気がいい日は日本全部休日にしてほしいですねぇ。雨の日は仕事行くのが面倒

なんで、これもまた休みで。どこのハメハメハ大王だよ。とか仕事中に妄想するあたり

もうだめかもわからんね。仕事しろよ僕!してるよ!
さて今や修羅諸兄の中では基本となっているMMRによるMP。他の職はどうか

知りませんが修羅にとっては確殺を狙う上でかなり重要なスキルとなっています。

ただ、ここで問題となるのは消費SP。BSWikiではMPの状態だと1秒につき1減っていく

との記述があります。10秒でsp10消費。これじゃあ狩り中はともかく、AFKなんてしよう

ものなら、あっという間にspがなくなりMPが切れてしまいます。

じゃあAFKやめて落ちろよハゲと思われるでしょう。その通り!だがしかし!人とは

そう簡単に割り切れるものじゃないんだ!というわけで、ここで活躍するのが

イ・ブ・キ!イブキイブキ!息吹!そうあの息吹!数あるモンクスキルの中でも

特に注目されることがない素敵スキル!ヒュホー!実はこれがですねモンクWikiによると

SPがスキルLv*(MSP/500+SP回復基本値[2])という仕様になっています。つまり、

MSPが500未満でもない限りは5取れば10秒で10spが回復するので、これで放置も

安心!どころか立ったまま10秒経過した後で1度座れば息吹の効果が発動する、SPRと

比べたらかなり素晴らしいスキルとなっています。また、重量50%越えでも息吹は発動

するので、これで修羅のSPは安泰だね!とか思ったら大間違いだ!僕64で転職した

ので、現在のスキル振りはこんな感じとなっており、息吹に回せるスキルポイント足りない

んですよね!息吹2取ってるからってカーサ狩ってるときにはいちいちスクワットも

しないし、まぁやっぱり死にスキルですよね。でも双竜脚よりは使えると思います。

スキルツリーから削除されないかなぁ…。あと、地デリや爆裂状態でも息吹でspは

回復します。が爆裂状態や地デリと言うのはSP回復量-100%という計算になっている

ので、全部合算で100%を上回ると、8秒に1回のsp回復の代わりにガンガンSP減って

いきます。僕の現在のステで、潜龍(爆裂)+地デリ+インキュで8秒に1回21も減って

いくので、息吹5あっても追いつかない勢いでspが減っていきます。これを防ぐには重量

50%越えにしていれば、SP回復しなくなるので、結果としてspも減らなくなります。まぁ

特に修羅の場合は気奪・吸気があるので、いちいちスクワットしないし重量も基本50%

越えで物資持ちこむよね!というわけでここまで書いておいてなんですが、あれば便利

だけど無くても…というのが息吹という結論が出ちゃいましたねチクショウ。もし息吹を

使った素晴らしいテクがあればぜひ教えてください。思いつかないがな!

明日は確定申告前決起集会につき記事お休みです。明後日をお楽しみにっ★

めも。おわり。

2月3日


↓息吹5取る予定だったのに死ねよだりーんとか思った方はぽちっと!

ラグナロクオンライン・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ ラグナロクオンラインランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
© Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All rights reserved.
© 2010 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。